即日2万借りる方法、審査について

即日2万借りる方法、審査について

2万円を借りるならキャッシングがおすすめ

もしも、「即日で2万円を借りたい」という場合には、まずは消費者金融のキャッシングに申し込みをするのが一番手っ取り早い方法です。キャッシングは、比較的低い金利で借りることができますし、2万円程度の申し込みであれば、お仕事さえしていれば、すぐに結果を連絡してもらえ、即日融資をしてもらうことができるでしょう。また、大手の消費者金融には、初めて利用される方に限っては、30日間以内は無利息期間を設けているところも多くあります。つまり、2万円を借りても。30日以内に返済をすることができれば、利息を1円も支払う必要がないのです。

通常、2万円を30日間借りた場合の利率は18%ですので、20,000円×0.18÷365円×30日で計算した場合には、利息はわずか295円ほどになります。それほど多くの利息ではありませんが、それでもやはり無利息というのは有り難いですよね。また、このような無利息期間を設けている業者はいくつかあり、なかには「5万円までの融資であれば、180日間無利息」という太っ腹な業者もあります。180日間というと、約半年間ですので、半年以内に2万円を返済さえすれば、利息を1円も支払わないでOKなのです。このような無利息期間のサービスをうまく活用することで、自分の預貯金や定期預金などを崩したり、無駄な手数料を支払わなくても2万円を借りることができるのです。

さらに、せっかく5万円まで無利息なのであれば、2万円だけ借りるなんてケチケチしたことを言わないで、この際、5万円を半年間借りても良いのではないでしょうか。半年後のボーナスやお給料日に返済をすれば良いだけなので、おすすめです。このように、消費者金融会社などから、2万円を借りる場合には、公式サイトに進み審査申し込みを行う必要があります。申し込みと言っても、以前のように、店舗などに直接出向いて手続きをする必要はありません。家に居ながらにして、24時いつでも自由に、インターネットから簡単に申し込みをすることができますので、お仕事が忙しいサラリーマンやOL、自営業者の方でも安心して利用することができます。

ただし、即日融資を希望する場合には、あらかじめ消費者金融の営業時間を調べておいて、その時間内に申し込みを行う方が、融資までのスピードがスムーズです。営業時間内の申し込みであれば、通常、30分前後で結果を知らせてもらえますので、融資が可能であると回答された場合には、そのまま契約手続きに進みましょう。

 

借り入れの際に行われる審査とは?

通常、消費者金融に限らず、銀行系のカードローンであっても、融資希望の申し込みをすれば、その後、業者側で所定の調査が行われて、その結果に基づいて融資可能か否が検討されます。契約をする消費者金融あるいは金融機関などによって、調査をする内容は異なりますが、一般的には、キャッシングやカードローン、クレジットなどの信用取引などに関係する、契約内容や返済、支払状況や利用残高などの取引について纏められた「信用情報」を基に決定されます。これまでの借り入れで、何度も返済に遅延があったり、延滞の履歴などがあれば、融資をしてもらえなくなる可能性が高くなりますので、注意が必要です。

そのほかに「信用情報」の中で重視される項目は、既存の借入額や年収などになります。つまり、現在、どれくらいの借り入れがあって、どこまで返済能力があるのかということを見極めなければ、お金を貸すことはできませんので、当然といえば当然です。「信用情報」に基づいて所定の調査が行われて、融資が可能であると判断された場合には、次に、申し込みの際に記載した勤務先に本当に在籍をしているかどうか、「在籍確認」が行われます。「在籍確認」とは、通常、勤務先に電話がかかってきて、「Aさんはご在籍ですか?」という質問がされます。

電話を受けた事務職の方が、「Aは、ただいま外出しております」とか、「Aは、本日はお休みです」などの回答を確認することができれば、在籍確認完了となります。決して業者の企業名を名乗ったり、契約内容などについて詳細を明かしたりということはありませんので、会社に消費者金融でお金を借りているなどが、バレることは絶対にありません。あくまで事務的な質問でしかありませんので、それほど気にする必要はないでしょう。もしも、どうしても会社の在籍確認を逃れたいという場合には、大手の消費者金融の一部で、「WEB完結」という登録方法を行っている業者がありますので、そちらから申し込みをするようにしましょう。「WEB完結」で登録をすれば、勤務先への在籍確認を行わないで、すべての契約手続きを完了することができます。

このように、2万円を借りる方法はとても簡単ですが、どこの消費者金融会社でも、必ず所定の審査を行ったうえで融資を行うことになります。また、「信用情報」については、すべての金融機関が居有している情報ですので、申し込みの際に虚偽の申請をしても、すぐにバレてしまいますし、最悪の場合、融資をしてもらうことができなくなる場合もあります。申し込みの際には、必ず正直に入力をするようにしましょう。